おせち人気、予約で既に売り切れ続出お取り寄せおせちの理由

以前は一部の富裕層がデパートで購入していたという印象が強いおせち。

 

でも年々、通販で手軽に購入する人が増えていると言われています。

 

中には9月中には売り切れてしまうといわれているおせちもありますが、どうしてこのように売り切れが続出するほど人気なのでしょうか?

 

インターネット通販などでは、9月よりおせちの販売が始まり、9月中は早期予約割引などが実施されることが多くなります。

 

おせちを作るお店側としても、早めに注文をいただくことで、必要になる材料を揃え、お料理を作る段取りなどを早めに行うことが出来るため、このような早期予約割引を実施することが多いんです。

 

おせち領地に使われる食材の中には、秋口から出回る食材もあります。

 

黒豆やおたふく豆などは秋の食材ですし、栗きんとんの栗やさつまいもも、秋に旬を迎える食材ですよね?

 

なので

 

早めに良い素材を確保するには、9月くらいからその商戦をスタートさせる必要がある

 

んですね。

 

つまり、よい素材を使ったおせちを購入したいのであれば、秋口から予約をした方が、よりよいおせちを安く購入することが出来るということになります。

 

その結果、9月末頃にはすでに人気の高いおせちは売り切れてしまうということになるんです。

 

10月以降になってくると、確保した素材を使いきるための販売になるため、数量自体も少なくなり、価格としても定価販売になってきます。

 

人気があるおせちは9月中に申込みをする方がいいんですよね。

 

人気のおせちは9月中に予約しよう!

 

【おせちお取り寄せ】人気おせちの失敗しない選び方とポイント>