おせち?って意味はなんだろう

秋になってくると、そろそろ来年のおせちの話題も出てくる頃ですよね。

 

このおせち、今は本当にさまざまなものがありますが、そもそもどんな意味を持っているのでしょうか?

 

 

おせちの言葉の意味は?

おせちは「御節」と漢字では書きます

 

この御節、もともとは

 

季節の変わり目である「節」に神様にお供え物をして、うたげを開く

 

という、宮中での行事のときに供されるお料理でした。

 

この習慣が庶民に伝わり、お正月という一年の節目に、

 

一年の健康を祈り、豊作を祈り、家内安全や子孫繁栄などの意味合いを持つ料理

 

を頂くようになりました。

 

そのため、おせちには本来その料理一品一品に意味合いを込めたものが並んでいたんです。

 

 

おせち料理一品一品の意味

やじるし子孫繁栄を願う「数の子」
やじるし五穀豊穣を願う片口鰯の小魚を使った「田作り」
やじるし健康に働くことが出来るようにという祈りを込めた「黒豆」

この3品は祝い肴三種といって、日本全国でおせちには欠かすことが出来ない料理とされています。

 

さらに、

やじるしめでたい祝いの色合いである「紅白の蒲鉾」
やじるし豊かさと勝負運を願っていただく「栗きんとん」
やじるし>腰が曲がるまで長生きすることを願う「海老の焼き物」

などがありますよね。

 

おせちはお重箱に入れられることが多くなりますが、実はこのお重箱にも意味があるんです。

 

おせちの料理はどれもめでたい意味合いを持つものです。

 

これらのお料理をお重箱に詰め重ねることで、おめでたいことが重なりますように

 

という祈りも込めているんですよ。

 

おせちはまさに、お祝いの為のお料理なんですね。

 

 

【おせちお取り寄せ】人気おせちの失敗しない選び方とポイント>