黒豆とおせちの関係

おせちに並ぶお料理には、色んなな意味合いがあります。

 

最近ではさまざまなタイプのおせちがありますが、大体どのおせちでも欠かせないお料理の一つに、

 

黒豆

 

がありますよね。

 

ふっくらと炊きあげられた黒豆は、大人から子供まで、おせちの中でも好きという人が多いお料理になっています。

 

この黒豆、もともとたんぱく質が豊富で、さらにアントシアニンなどのポリフェノールも豊富ということで、健康食材の一つになっています。

 

 

黒豆とおせちの関係

「まめ」自体も、丈夫であることや健康であることという意味を持つ言葉です。

 

新しい一年を健康に、そして丈夫に過ごすことが出来ますように...という思いを込めていると言われています。

 

さらに、「まめに働く」という言葉のごろ合わせにより、新しい年も元気に働くことが出来ますように...という願いを込めているとも言われています。

 

 

黒豆の作り方

おせちのなかでも黒豆は、比較的実は簡単に作ることが出来るお料理ではあるんです。

 

基本は

 

豆1:砂糖1:水6という割合で炊く

 

のですが、甘さが気になる場合には、砂糖を半量程度に減らしても大丈夫です。

 

その分、少し塩味を足してみてください。

 

一晩砂糖水につけた黒豆を、柔らかくなるまで炊くだけなんです。

 

ポイントとしては空気に出来るだけ触れさせないで炊くという点です。

 

これで、豆にしわが寄らず、ふっくらと炊き上げることが出来るんです。

 

日持ちは3〜4日程度ですが、残ってしまう場合には冷凍保存が可能です。

 

 

【おせちお取り寄せ】人気おせちの失敗しない選び方とポイント>